avatar image

完全主義

もうひとりのセラピストの卵仲間のMさんは、初めてのフラワーエッセンスセラピーでした

Mさんはほんとに可愛らしく
出会った人は誰もが心惹かれるような愛らしさを持った人です
彼女の石けん作りやアロマクラフトの才能は抜群で
きっとダンナ様に愛され可愛いお子さんもいて
何不自由なく幸せな人のように見えていました。
ところが、言葉をかわすようになると、時々体調不良になることもあり
何か答えを探してもがいているように見えてきました。

フラワーエッセンスなら、そんな彼女を癒してあげられるのでは・・
とずっと思っていたけど
人には、それぞれ自分と向き合うタイミングがあるんですね。

今がほんとの幸せじゃないと解っていても
未知の幸せに飛びだしていくことは、けっこう不安で勇気がいることだったりします。
だから、人はつい慣れている不幸せの中にいてしまうのかもしれませんね。

そんな彼女もやっと自分の心の悲鳴に気づいたようで
今回、フラワーエッセンスを飲んでみたいと決心しました。

彼女は完全主義なところがあって、無意識に自分を否定する言葉を 話していることがよくありました。
人は誰しもそれぞれ得意なこととそうじゃないところがあって
それが個性なのですが
完全主義者チックになると、人の得意なところと自分のそうでないところを比べて
自分を卑下したりしてしまいます(^_^;)
自分が自分を認めてあげられないって、、、辛いですよね。
あんなに誰もがうらやむ素敵なところを沢山持っている彼女なのに
そんな自分を認めてあげてないのです。
でも、認めてあげなくっちゃ!って頭で解っていても、心ができないことってありますよね。
そんな時の強い味方がフラワーエッセンスです

完全主義傾向のある彼女に選んだのは
「ロックウォーター」
理想を追い求め完全主義、禁欲主義に片寄りがちな人に。
柔軟性や受容性といった側面に意識が向けられるように方向付けをするエッセンス。

  
そして、彼女の抱えていた不安には
「ミムラス」
具体的な対象、原因がわかっている不安や恐れが頭から離れない時
勇気と、恐れに打ち勝つ自信を与えてくれます。


他には、視野を広げてくれリラックスさせてくれるエッセンス「バーペイン」や
肩の力を抜いて、もっと人生を気楽に考えられるようになる「ジニア」
そして、辛い次期を乗り越えられるように見守ってくれる
天使のエッセンス「アンジェリカ」なども選びました。

カウンセリングで選んだエッセンスを見ると
愛らしい笑顔とはうらはらに
内面の彼女はひたすら自分に厳しく硬い殻をまとってきたことを教えてくれます。
ありのままの自分で、生き生きと楽しむことができなかったその心や身体は
どれだけ辛かったことでしょう。
彼女専用に選ばれたお花たちは、そんな彼女の長い間傷ついてきた心を
きっと優しく癒してあげると思います
かたくなだった彼女の心がほぐれ、ありのままの自分を愛せるようになったら
Mさんはものすごく輝きはじめると思います
多分、誰からも憧れられる人気のカリスマアロマコーディネーターに
なるんじゃないかなって、今からイメージが浮かんできます。


Mさんがどのように変化していくか・・またご報告させていただきますね。


ロックウォーターは38種類あるバッチフラワーレメディの中で
ただひとつ、花や樹の植物からではなく、岩清水から作られています。
ロックウォーターのタイプは適応性と内的な自由に関連しています。
 このエネルギーががマイナスに出ると、自分に完璧を求めて厳しく抑制し
人生の楽しみも否定しがちになります。
 理想を振りかざす前に「完璧な人間はひとりもいない」という考えで
 自分と向き合うことが必要です。
 ある感受性の強い人はロックウォーターを用いたとき
 「全身を優しく愛撫されているように」感じ「現実の世界の再生」を経験したといいます。
 これを飲むと、肩の力が抜け人生に喜びを見いだせるようになり
 結果的に理想の実現へと進みやすくなります


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback