avatar image

自ら受けとる「癒し」

yko2.jpg
          今日の写真はお友だちがいけたお花さん達です。
                 とってもセンス良いですよね  
    



昨日、はじめてセッションを受けにいらしたSさんは
数年前から、ブログを読んでくださっていて
力をもらったり癒されたりしていたそうです


細々と綴っているブログですが
そんなふうに読んでくださっている人がいるのは嬉しいです


はじめてお会いするクライアントさんも
(誰かに紹介されたから来たという人よりは)
セラピストの言動をよく知り、共鳴してきてくださっていると
申込みした時点から、癒しが始まり
初回のセッションで大きな変化が起こるように思います。


「癒し」というのは、誰かに与えてもらうものではなく
自らが、どれだけ心を開いて
そのセラピストなりの持つ「癒しの力」を受け取るか・・・という
ことなのかもしれませんね。


Sさんも昨日のセッションで、希望を取り戻された感じで帰られました。
自ら心を開いて「癒し」を受け取ったからだと思います。

 
Sさんから、セッション後にこんなお礼のメールをいただきました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

こうさん

今日は本当にありがとうございました。

今日教えていただいたことの整理を、そしてご飯を食べよう!と思い途中下車しました。

今、頭がとてもスッキリしています。
全体的にもそうなのですが、特に頭の右側の後ろが
ミントの風がずっと流れているようなすがすがしさがあります。
これがどういったことなのかは分かりませんが、とても気持ちが良いです。

今日は大変ていねいにみてくださり
また、私の話をずっと聞いてくださり、本当にありがとうございました。

こうさんのお陰で鬱にならずにすみました。
また、今回はもう駄目だと半ば諦めていた彼とも、後悔しない方法できちんと向き合えそうです。

光と影。
影の気持ちが浮かんだ時に、きちんと光の言葉に変えられるか少し心配ですが
積み重ねていけば大丈夫ですよね!!

これからが楽しみです。
またご連絡いたします。

今日は本当にありがとうございました

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「物事がうまくいかないときは、ものの見方を変えてみる

 それが「許すということにつながる」
    

先日の田中百合子さんの講演会での言葉です。

お話をじっくり伺って、それを違う視点からときほぐして伝えたことで

重かったSさんの心に、希望の光が差してきたようでした。

明るいメールを読んで、私も嬉しくなりました。


もし、今苦しんでいる方がいたら
自分が共鳴できるセラピストさんに
心を開いて、助けを求めてみるというのもいいと思います。

自ら両手を広げて「癒し」を受け取ったら、世界が変わるかもしれません

 uko1.jpg



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback