**~優しい風を感じて~**

・・・時の流れや季節の匂い、様々な想いをはこんでくる風・・・日々の中、ふと心に優しい風を感じる瞬間が好きです。フラワーエッセンス&ヒーリング セラピストこう☆のブログ

Entries

ときめきカード♪

homec1.jpg    


前の日記で

光と闇は裏表で、良いも悪いもないと書きました。

表と裏を同時に見る見方
敵はどこにもいなくて、自分をも誰をも責めることもない
ジャッジしない考え方は

「センタリング」
「中道」「中庸」
「ゼロポイント」
「ミロス」

いろんな言葉で表現されているけど
この頃、たどりつくところは、やっぱりここなんだなと思っています。

波動の法則の「この世界にあるものは、すべて愛と調和でできている」も
同じことを言ってますよね。

この見方をきちんとできるようになると、かなり楽になると思うので
私も今、頭での理解ではなくハートで感じられるように落とし込んでいる日々です


そして、このものの見方ともうひとつとても大切なことが
「楽しむこと」

つまり「ときめき」や「ワクワク」することなんだと思います



てんつくマンのメルマガの中に
帯津良一先生の言葉として、このことがとても解りやすい言葉として
語られています。

とっても良いお話でしたので、紹介しますね





てんつくラブレター~ 人間は哀しい生き物、だからこそ希望があるの巻~

http://bn.merumo.ne.jp/backno/bodyView.do?issueId=2011011810355800518931000 


静岡の沼津に向かう新幹線の中からワンダフルモーニング!

いやぁ昨日は最高の先生に会えた。

帯津三敬病院、名誉院長の帯津良一先生。

もうすぐ76歳になられる帯津先生は今も現役ばりばりのお医者さん。

日曜日に講演会をしたり、本の執筆。

楽しみは夜のお酒というおちゃめな先生やねん。

誰に似てるか?と言われたら「アンパンマン」と答えるかな。

埼玉の南古谷の帯津三敬病院では西洋医学を基本としていろんな治療がある。

気功、呼吸法、鍼、びわ温きゅう、音楽療法、食事療法、イメージ療法、ホメオパシーもちろん手術もするし、ここは必要と思えば抗がん剤も使うことがある。

普通の西洋医学の病院でもう助からないと言われた人がやってくることが多く、重病の人も多いという。

まず、患者さんが来たら検査をした後、患者さんと戦略会議をするんやって。

うちで治療出来る方法はこれだけある。

そして、「この中から、私はこれとこれとこれの組み合わせで治療するのがいいと思うが、あなたはどうですか?」

と患者さんに聞くんやって。

そして、患者さん本人がこれとこれとこれでやってほしいって自分で決めていくんやって。

先生が目指しているホリスティック医学というのは、部分だけ見る西洋医学だけではなくて、人間まるごとを見ようというもの。

「体、心、いのち」

この三つを同時に見ながら治療するっていうもんなんや。

なんでここまで来られたかと言うとな、自分が向かし、ずっと西洋医学で手術をされてた時に、西洋医学の限界を感じたんやって。

何度、手術しても再発して人が戻って来る。

おかしい、これは本当に治しているのではないんじゃないのか?

これは患者さんの為になっているのか?

ガンをちらしているだけはないんじゃないか?

そんなところからいろんな勉強されて今、あいろんな角度からの治療方法を提案されている。

自分がもしも大きな病気をしたらこういう病院に来るやろうな~。

あれも良し、これも良し、それも良し。

そして、一番、大事なの「ときめき」だと言う。

人はときめくと免疫力があがる。


だから、玄米、菜食もいいが、たまにはお肉も食べる日を作ってその日を楽しみにするのもいい。

お酒を飲んでは行けないでもなく、それを楽しみにしてワクワクするのもいい。

飲み過ぎは体に負担になるけど少々の量なら逆に心が喜び、体は元気になってゆく。

さてさて、そこで帯津先生のおすすめはまず、今、ときめきカードをいっぱいつくることやねんて。

紙に自分がときめくことを書いて、それをどんどん自分に与えてゆく。


そして、こうもおっしゃった。

昔は前向きで明るくなれば病気は治ると思って、患者さんに前向きに明るくなりなと薦めていた。

でも、途中からそれは間違いだということに気づいた。

前向きで明るい人は実はもろい。

少し、結果が悪くなると一気に心が折れてしまう。

だから、まず大事なのは人間は哀しい生き物であるということを知ること。

人間は哀しいし、不安だし、誰もが落ち込む。

それが本質なんだ。

だから、落ち込むのは当たり前、恐れるのは当たり前、不安なのは当たり前。

としっかり受け止める。

受け止めたら後は登ってゆくだけ。

希望しかない。

明るくならなければいけないの呪縛が解けた人は強いっておっしゃてた。


経験から生まれた言葉はやっぱり伝わってきた。

先生の本もいっぱいあるからぜひ読んでみて。

後ね、どうやったら医療費は減ると思いますか?の質問にホメオパシーが広まれば一気に医療費は減るって。

体調がおかしいと思ったら薬を飲むんじゃなくてまずはホメオパシーで様子をみる。

それで、かなりの人が改善するんやって。

それでもおかしい人は薬や治療をはじめたらいいって。

今は日本は逆で、薬や手術をしてから、他になにかないのかってホメオパシーを使ってる。

そこが違うって言うてはった。

でも、ホメオパシーは安いからそれが広まったら製薬会社の人もお医者さんも困るだろうなって。

北海道の響きの杜クリニックの先生もホメオパシーは本当によく効く。

それを一番知ってるのは患者さんって言うてた。

だから、鬱病の人もホメオパシーを扱ってるお医者さんのところに通うのがいいね~って先生も言うてたわ。

というわけで昨日もいっぱい希望をもらった一日やった。

帯津先生とつないでくれたおのころ心平ちゃんありがとう。

尚、病気になったら病院にいきながらおのころ心平ちゃんがやってる自然治癒力学校もお薦めです。

http://naturalhealing-school.org/
いろんな治療方法やいろんな先生をめっちゃ知ってはるから、まずは講座を受けることをおすすめします~。

ただ、病気が治るのではなく、その痛みや病気があなたの成長の大きなきっかけとなりますように。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




悲しんだり、落ち込んだり不安になったりするのが人間
それをあたり前として受けとめ

希望にむかっていく

そして、日々「ときめき」を大切にする


いいですよね



もう一度、自分のときめくことを見直して

たくさん、「ときめきカード」を作って、自分に与えてあげたいですね


home1.jpg  写真は私のときめきのひとつ・・・ナチュラルライフです

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こう☆

Author:こう☆
自分に起こることはすべて”楽しいこと”か”気づくこと”
ときおり吹いてくる優しい風を感じながら、セラピストとしての成長の日々を楽しんでいきたいと思います。

神奈川在住
2月21日生まれ
フラワーエッセンスプラクテクシュナー
波動調整QRプラクテクショナー
アロマコーディネーター
レイキヒーラー
他、ブライトセッション
セイクレッドヒーリングなどの
ヒーリング&セラピーセッション

☆フラワーエッセンスセラピー&ヒーリング
解放セッションなど 行ってます。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アルバム

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター