avatar image

少し離れているくらいがいい

    DSCN0112-1.jpg

                   花菜ガーデンのクレマチス


私は「ひとりの時間」が好きです。
多分、この時間がなかったら息がつまってしまうかも。

でも、それと同じくらい「人とふれあっている時間」も大好き

なんていったって、私の最大の喜びが
「人と同じ想いで繋がっている」と感じる時ですから。。。

その喜びを強く感じたいからこそ

私は人と 「少し離れているくらい」がいいのですね。


もうひとつ
「エンパス体質」(共感者)の私は
ふれあっている人の思いや波動をかなり敏感に受けとってしまいます。

だからこそ、ひとりになり自分に戻る時間が必要なのですね。

前は自分が「エンパス」だということを知らなかったので

自分の気持ちがころころ変わる
人に洗脳されるような感じ
自分の意見が解らない
ゆれ動く自分に疲れ、悩んでいました。

今はそんな自分を知り、上手にコントロールできるようになりました。

「エンパス体質」もクライアントさんにとっては
”深い共感” や ”慈愛” という癒しになります。


物事にはすべて二元性があり

悩みの裏側に
その人の特性や到達したい光があるように思います。


自分を知るということは

欠点や悩みと思える裏側の「輝き」に気づくこと

でもありますね

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback