avatar image

祖母からのメッセージ

守護天使2


今日は、亡くなった祖母が
私の守護天使として(守護霊さんとして)
ずっとそばにいて、私を見守ってくれているというメッセージを
何度ももらい、何度も号泣してしまいました。


私の祖母が亡くなったのは私が27才の時。
優しくて控えめで聡明で
曹洞宗の教えを学んでけっこうスピな人
観音様やマリア様のような感じの人でした。


世界で一番大好きだった祖母の死はあまりにも悲しくて
私は1ヶ月泣き明かし
そして、1ヶ月くらい毎晩、祖母の死は夢で、ほんとは生きているんだと
夢を見続けました。
そんな大好きな祖母のことを、最近はなんとなく忘れていた私です(^_^;)


今日、ふと
「エンゼルヒーリング」 高坂美紀著 コスモトゥーワン

という本をなにげに読みたくなり、読んでいたら
 (このなにげに、とか、ふと・・というのは天使の導きだったりするそう)


著者がとても辛いことがあり、途方に暮れて泣いているときに
ふと、光の中に白い着物の女性達の姿が見え
その中のひとりが亡くなった祖母で
全員がにこにこしてうなずいて「よしよし」と言ってくれているように見えた
という体験が書かれていたところで


私にもぐわ~~んと祖母の姿や声が届き、涙が流れました。

ずっと忘れていた祖母の笑顔
「こっちゃん」という優しい声や
いつもそばにいるよ、がんばるんだよという愛のメッセージ
懐かしさとほんとにそばにいるんだと感じて、何度も号泣でした。




この「エンゼルヒーリング」は不思議で
前にも、この本の中の
「大きな天使がそばにいる」という文章を読んだとき

「そうだよ、いつもそばにいるよ」と、天使からメッセージをもらい

全身電気が走ったみたいに愛に包まれ号泣してしまった本でした。
(のちに、こちらの天使はラファエルだったと知りました)


本によると
「守護霊」または「守護天使」・・ガーディアンエンジエルとも呼ばれている天使は
味方をして助けてくれるというより
どちらかといえば、「魂の教育係」なのだそうです。

人を愛したり許したりできるようにあえて
失敗や苦労を通して共に学び成長する機会を見守ってくれることもあるそうで


辛い時、悲しい時、嬉しい時も共に泣いたり喜んだり
応援してくれているのだそうです。
というのも、守護霊さんというのは、私たちと同じ魂の宿題を抱えたまま
霊界へ行った魂なのだと。


祖母が今日、私に判るように
メッセージをくれたのには理由があります。


今、私はこれまでずっと家族の再生をやってきて
とうとうたどりついた、最後の大きなステップ
そこを乗り越えようとしているところだけど
今ひとつ、えぃっっと踏み出せずにいる私がいる。

というのも
それは今生私の持ってきた
「自分の思いをきちんと伝える」というコミュニケーションの課題をクリアする
ステップの多分メインイベントのステップだから

ドラマで言えば、ハッピーエンド手前の大きな山場(笑い)


やっぱりけっこう勇気がいる
いやいや、世紀の瞬間をゆっくりじっくり味わいたいのかも(^_^;)


今日こそは・・今日こそは・・と思いながら実行できなくて
今日は私のガイドさん達に真剣に
勇気を出せるよう「助けて」とお願いしたのです。
だからなんですね。


おばあちゃんがくれたメッセージは
「がんばってね」のほかにもうひとつ


私が、今ここ(家族、パートナーとの再生)を乗り越えることは
母、祖母の乗り越えられなかった課題の実行であり
親子三代のカルマの解消
先祖供養に繋がるみたいです。


とうとう、その日がくるんだね
もうすぐだね
楽しみにしているよ
みんなで応援しているよ


そんな声も届いてきました。

なんだか

私の行動(私の課題のクリア)を
家族の魂も、亡くなった人達も
自分のことのようにワクワクしながら
みんながにこにこしながら、がんばるんだよ♪と見守ってくれているような


そんな感じもするんですよね(あはっ(^_-)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback