avatar image

セラピーって面白い!!

 skapiosa.jpg


昨日のセラピーは、うつを抱えている方でした。
そういえば前は、事前に色々資料を調べたりもしたけど
最近はクライアントさんがどんな状況であろうとも
気負わなくなってきたました。

ただ、自分を真っ白にしてお話を聞いていると
勝手に私の中から、必要な言葉が出てくるみたいです。

クライアントさんの色々な状況を聞いていると
その時の辛い気持ちが伝わってくるので 
その気持ちを受けとめて・・

私はこの「受けとめる」という事がとても大事だと思っています。
自分が辛かった時、一番して欲しかったのが
「受けとめてもらう」ということだったから。。。


みんな、自分がどうしてそうなったか
どうすればいいのか・・全部頭ではわかっているんですよね。
ただ、感情がまだ癒されていないだけ

だからその感情に
「そっか~それは辛かったわよね~」と寄り添って認めてあげると
心がほぐれて扉が開いていく。


昨日もそんなふうにクライアントさんの話しを聞いていたら
なにやら、急に私の胃の辺りが重苦しくなり
「あっ、ここ何かあるな」と思うところがありました。
と、クライアントさんが
「あっ、これがうつになった一番の原因だ、手がこんなに震えている」
と気づきました。


一緒に心の中に入り、秘密の部屋をみつけ扉を開けた気分

セラピーをしていて、嬉しい瞬間です。

hahanohi2.jpg



「癒し」って、自分と向かい合い気づいていく作業だけど
自分だけだと、色目めがね(主観)で見てしまうから
扉がみつけられないんですよね。


自分のことは赤いめがねをかけて、赤い色を探しているようなものだから
  とこれは YUKI ☆ROSEさんの言葉


だから、自分ひとりだと道に迷ってしまうので
その道を歩いたことのある人(セラピスト)をナビゲーターに
自分の心の内面に入っていく。



私もそんなふうに
いろんな人に道案内をしてもらいながら、「自分癒し」をしてきたし
そして、私が気づき癒されると
今度はそこを必要とするクライアントさんが現れてくる。


助けられたり助けたり
そう、みんな繋がっている。


私自身も話しながら、もう一度そのことを再度復習させられて
もう一度、自分を見つめる良い機会を与えてもらったり

セラピーの仕事って、ほんと楽しいし面白いなぁ~と思います


自分を癒すこと  = 人を癒すこと


よりよいセラピーをするとは
セラピーのノウハウを学ぶことより
私が自分の中の癒されていない部分と向きあい、何に気づきどう乗り越えてきたか
多分、それが一番なのかなと思いました。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback