avatar image

記憶を変える

 oze.jpg
 

YUKI ☆ ROSEさんに
http://www2.tba.t-com.ne.jp/bega-room/
やっていただいたスリーインワンの体験から
過去の記憶をぬり変えるということを教わりました。


昨日の夜はなんだか眠れなかったので
私の中で小さな痛みになっていた記憶を変えてみようと思い
やってみました。


それは、次男が小4か小5くらいの時だったかな。
長男と5歳近く離れている次男はとても甘えん坊でした。


しっかりタイプの長男と比べて危なっかしく
またほんとに可愛くてたまらなかったので
次男とはいつもどこにいくのにも手をつないでいたような気がします。


でも、ある日、もう大きくなったし男の子だし
いつまでも手をつないで歩いていると自立しないかなと
思い切ってつないでいる手をふりほどきました。


その時の次男の驚いた顔、そして寂しそうな顔が
ずっと忘れられなくて、小さな痛みとして残っていました。
のちに、彼が引きこもりをしたとき
あのとき、母親から突き放されたような気持ちになったんじゃないか
自分から手を離してくるまで、もう少し手をつないで歩いていれば
ひきこもりもしなかったんじゃないかなって
そんな後悔もありました。


記憶のリプレイです。

次男と二人でお喋りをしながら手をつないで歩いているシーンで
手をふりほどいたときの胸の痛みに
ごめんね、大好きだよとホ・オポノポノ
そして、もう一度手を握り直してまた笑顔で歩いていくシーンに
変えてみました。


何度もリプレイするうちに
最初は寂しそうな顔をしていた次男が最後には笑顔にかわり
二人で手をつないで楽しそうに歩いているシーンに変わりました。


ごめんね、大好きだよというたび
悲しかった・・寂しかった・・という気持ちがあふれ
涙が流れて、その時はっきりと気づきました。


次男の姿は私自身だったのです。
母親的な存在にもう少し繋がって守られていたかった
でも、ひとりで平気だよねと
ひとりぼっちにされてしまった

ほんとはもっと甘えていたかった。
母のぬくもりと繋がっていたかった・・・


前に彼は私の子ども時代の姿を見せてくれていると
言われたことがありました。
そうなんだよね~
こんなふうに次男はいつも、私の癒されていなかった部分をみせてくれ
気づかせてくれる。
彼のおかげで、どれだけ私はインナーチャイルドを癒してきたかなと思う。


癒され気づかされるたびに
こんな私達親を選んで生まれてきてくれた子ども達の愛の大きさを感じる。

両親の不仲で、きっと辛い想いもさせたよね
でも、それでも、家族となって出会えた
なんて愛しい存在なんだろう・・ありがとう~!!と
半分、夢うつつの中泣いている私がいて。。。

mizubasho.jpg


そして、朝 癒された気分で目覚めました。

記憶の塗りかえ、またやってみようかな。。。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback